齋藤駿(バドミントン)の経歴や進路は?出身校や強さの秘密を調査!

2022年8月14日のミライ☆モンスターで、バドミントンの『齋藤駿さん』が紹介されましたね。

齋藤さんは過去にも、2度取り上げられています。(2019年と2020年)

我が家は、夫がアメフト、私がバレーボールを学生時代にやっており、スポーツ大好き夫婦です。

子どもが生まれてから、「自分の子どもがいつかスポーツをやってくれたらいいなー」という思いから、ミライ☆モンスターを夫婦でよく見ています。

今回の齋藤駿さんは長くバドミントンを続けていらっしゃいますが、

『どうしたらそんなに一生懸命続けられるの?』

『お父さんお母さんはどんな育て方したの?』

といろんなことが気になりましたので、この記事では

  • 齋藤さんのプロフィールや経歴は?
  • 齋藤さんの出身校は?
  • 齋藤さんの強さの秘訣は?
  • 齋藤さんの今後の進路は?

を調査しましたので、ご紹介します!

目次

齋藤駿 – プロフィール&経歴

齋藤駿さんは、次回開催のパリオリンピックの出場を目指す有力選手です。

バドミントン界エースの『桃田賢人選手』の後輩にあたり、次世代エースの期待も寄せられています。

プロフィール

名前:齋藤駿(さいとうしゅん)
生年月日:2004年6月6日(2022年8月現在:18歳)
出身:新潟県
身長:177㎝
体重:61㎏

身長が平均より高めですね!

これから伸びる可能性もありますし、スポーツをやるには身長が高いと色々と有利になりますよね。

経歴

齋藤さんは小学校からバドミントンを始めました。

小学生の時から素晴らしい成績を残されてきており、その成績などをまとめました!

  • 2014年(小学4年):全国大会ベスト8に選出、U13日本代表に選抜
  • 2015年 (小学5年):新潟の第21回北信越小学生バドミントン選手権大会5年生男子シングルス 優勝
    :第24回全国小学生バドミントン選手権大会男子シングルス5年生以下 3位。全国3位
  • 2016年 (小学6年):第25回全国小学生バドミントン選手権大会6年生男子シングルス 準優勝。全国2位
  • 2018年 (中学2年):全日本ジュニア選手権 新人の部 優勝全国1位
    :韓国ジュニアオープン2018 U15シングルス 3位
  • 2019年 (中学3年):第49回全国中学校大会男子シングルス 優勝 (全5試合ストレート勝ち )
  • 2022年 (高校3年):全国高校選抜2022 全種目優勝で3冠

3冠を達成された時のインタビューです!

改めて、目標を持って、目標に向かって努力できる人ってすごいな。

社会人や大学生も参加する、2019年の『全日本総合バドミントン選手権大会』に参加し、1回戦敗退。

さらに、2019年インドネシアで行われた『U17選手権大会2019』では16位でした。

齋藤駿 – 出身校

どんな学校で生活していたのか、齋藤さんの出身校を調べました。

◆小学校

齋藤駿さんの出身小学校はどこなのか、情報を見つけることができませんでした。

ですが、小学生時代は五泉バンビーノというクラブチームに所属していたとのこと。

そのことから、新潟県五泉市のどこかの小学校に通っていたのでは?と推測します。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる